ここから本文です

心の汗がとまりません。SpaceXの進歩をダイジェストで見せてくれるビデオ

ギズモード・ジャパン 8月4日(木)22時10分配信

夢を見るって、大事なんです。

今年4月に成功した、イーロン・マスクによる宇宙開発企業SpaceXのロケットFalcon 9の海上着陸、覚えていますか。オバマ大統領も含めて世界中の宇宙ファンが興奮しましたよね。そのたった1ヶ月後にはさらに高い高度の「静止トランスファ軌道」まで人工衛星を打ち上げて還って来ることにも成功しています。

ものすごいスピードで進化を遂げているSpaceXですが、最初はイーロン・マスクの「人類は火星に入植できるはず。そのためには低コストな再利用可能なロケットが必要だ」という無謀な思いつきだったんです。


動画はこちら。https://www.youtube.com/watch?v=tU1b1H2EWU4


それを思い出させてくれるのが、Kinematicが制作したこちらのビデオ。Falcon 9が初めて洋上に着陸するまでをダイジェストで見せてくれます。

音楽もテロップも邪魔にならない程度に、ただシンプルにFalcon 9の成長を記録していて、それが返ってこのプロジェクトの偉大さを伝えてくれるんです。



私はもう最初の10秒、最初のフライトが地上からたった5mだった映像で目から塩水が出ましたよ。

巨額のお金を投資して、たった5mだけロケットを浮かせて着陸させたわけです。なんでそんな事するの?って聞かれて「火星に行くからだよ」って答えてたわけですよ。

胸が熱くなるじゃないですか!


そして回を重ねるごとにその高さが40メートル、80メートルと伸びていきます。



空中に静止したり、進行方向を修正したりする機能が次々に足されていきました。

すると最初は馬鹿にしていた人たちもどんどんと応援するようになったわけです。今では人工衛星を軌道にのせ、有人飛行ロケットをNASAから注文されるまでに至ります。

いやー...夢をありがとうって言っちゃいますよ。イーロン・マスク、私からの感謝なんか要らないと思うんですけど、ほんとありがとうです。

ナレーションは一切なく、文字もほとんどないビデオなのに胸に熱いモノがこみあげてきます。こちらのビデオ、SpaceXファンなら必見です。


動画はこちら。https://www.youtube.com/watch?v=tU1b1H2EWU4


source: SpaceX Falcon 9 Development Supercut / YouTube

(塚本 紺)

最終更新:8月4日(木)22時10分

ギズモード・ジャパン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]