ここから本文です

女子団体は野田学園が制す、インハイ初優勝<テニス>

tennis365.net 8月4日(木)17時17分配信

平成28年度全国高等学校総合体育大会

高校日本一の座をかけたインターハイ(平成28年度全国高等学校総合体育大会)は競技3日目の4日、女子団体の決勝戦が行われ、第1シードの野田学園(山口)が沖縄尚学(沖縄)を2-1で下してインターハイ初優勝を果たし、春の高校選抜に続き2大会連続優勝となった。

【インターハイ 女子団体対戦表】

シングルス1は下地奈緒(沖縄尚学)、シングルス2は金山有香(野田学園)が取り、勝敗はダブルスへと委ねられた。


ダブルスに登場した衛藤佳奈/ 岩本奈都季組(野田学園)は第1セットをタイブレークの末に先取。第2セットは落としてファイナルセットへもつれるも、最後は圧倒してチームを優勝へ導いた。

野田学園は、今年3月に行われた第38回全国選抜高校テニス大会の決勝で椙山学園(愛知県)を下して初優勝を飾っていた。

今大会では、1回戦で東洋大牛久(茨城)、2回戦で第2シードの椙山女学園(愛知)、3回戦で東大津(滋賀)、準々決勝で松商学園(長野)、準決勝で早稲田実業(東京)を破っての勝ち上がりだった。


【沖縄尚学(沖縄) 1-2 野田学園(山口)】

[ダブルス]
我那覇真子/ 前田優歩 6-7 (6-8), 6-3, 1-6 衛藤佳奈/ 岩本奈都季

[シングルス1]
下地奈緒 6-1, 6-2 山藤真帆

[シングルス2]
足立有香 0-6, 2-6 金山有香

今大会は3回戦まで8ゲームズプロセットで行われ、準々決勝からは3セットマッチで行われた。

tennis365.net

最終更新:8月4日(木)17時17分

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。