ここから本文です

第2シードの青山修子/二宮真琴が準決勝進出 [南昌/女子テニス]

THE TENNIS DAILY 8月4日(木)12時1分配信

「江西オープン」(WTAインターナショナル/中国・江西省南昌/8月1~7日/賞金総額25万ドル/ハードコート)のダブルス準々決勝で、第2シードの青山修子(近藤乳業)/二宮真琴(橋本総業ホールディングス)がワイルドカード(主催者推薦枠)のSUN,Ziyue/ジュ・ウェイウェン(ともに中国)を6-2 6-1で下してベスト4進出を決めた。試合時間は49分。

青山修子と二宮真琴がダブルスで今季3勝目 [ITF武漢5万ドル]

 青山と二宮のコンビは1月の全豪オープン(オーストラリア・メルボルン/ハードコート)と1ヵ月前のウィンブルドン(イギリス・ロンドン/グラスコート)でグランドスラムに出場し、予選を勝ち上がったウィンブルドンでは2回戦に進出。前週の武漢(ITF5万ドル/ハードコート)では、今季3度目のタイトルを獲得していた。

 二宮はシングルスの予選に出場していたが、1回戦でシュン・ファンイン(中国)に4-6 5-7で敗れていた。

 青山/二宮は準決勝で、第3シードのハン・シンユン/ジャン・カイリン(ともに中国)とニチャ・ラピタクシンチャイ/ピアンタン・プリプーチ(ともにタイ)の勝者と対戦する。

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

最終更新:8月5日(金)22時37分

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]