ここから本文です

レアル・マドリードがダニーロの左足弾でバイエルンを下す 師弟対決は弟子に軍配

theWORLD(ザ・ワールド) 8/4(木) 10:27配信

バイエルンが攻勢をかけたが

インターナショナル・チャンピオンズ・カップ(ICC)で激突する注目の一戦はバイエルン対レアル・マドリードだ。カルロ・アンチェロッティ監督、ジネディーヌ・ジダン監督にとっては久々の顔合わせとなり、レアル・マドリード時代の上司と部下でもある。

試合は序盤からバイエルンがボールを支配する展開。しかしグアルディオラ時代のように過度にボールを大事にすることはなく、縦に速い攻めでレアル・マドリードゴールを狙う。一方のレアル・マドリードは戦力的には申し分ないものの、選手たちのコンディションがまだ整っておらず、有効な攻撃は繰り出せない。

バイエルンがアラバのFKやチアゴのミドルシュートなどでゴールを脅かすが、GKカシージャの好守で得点は生まれず。結局前半はスコアレスで終了する。

後半、大きな動きがなかったこの試合だが、意外な男のシュートでスコアは動く。後半途中から出場していたダニーロが右サイドから中に切れ込むと左足一閃。これがゴール中央に突き刺さり、レアル・マドリードが先制する。

バイエルンもその後反撃に出るものの、ゴールを脅かすことはできず。レアル・マドリードがダニーロの1点を守り切り、勝利している。

[スターティングメンバー]
バイエルン:ウルライヒ、ラフィーニャ、フェルドハーン、ハビ・マルティネス(→パントビッチ 77)、ベルナト、アラバ、シャビ・アロンソ(→ベンコ 56)、チアゴ(→エツトゥルク 88)、ラーム、ビダル、グリーン

レアル・マドリード:カシージャ、カルバハル(→ダニーロ 63)、セルヒオ・ラモス(→ラインハルト 63)、ヴァラン(→ナチョ 46)、マルセロ(→テヘロ 77)、カゼミーロ(→マルコス・ジョレンテ 77)、モドリッチ(→コバチッチ 46)、ルーカス・バスケス、ハメス・ロドリゲス(→マルコ・アセンシオ 46)、モラタ(→マリアーノ 77)、イスコ(→ウーデゴー 63)

[スコア]
バイエルン 0-1 レアル・マドリード

[得点者]
レアル・マドリード:ダニーロ(79)

最終更新:8/4(木) 10:27

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]