ここから本文です

【MLB】岩隈久志、8回途中無失点の好投 12勝目の権利持って降板

Full-Count 8月4日(木)13時14分配信

緩急をつけたピッチングでレッドソックス打線を零封

 マリナーズの岩隈久志投手が3日(日本時間4日)の本拠地レッドソックス戦で8回途中を5安打7奪三振無失点と好投し、12勝目(7敗)の権利を持って降板した。

岩隈久志のNPB・MLBでの年度別通算成績

 岩隈は初回から緩急をつけたピッチングでレッドソックス打線を打ち取り、スコアボードにゼロを並べた。一方、マリナーズは2回にクルーズ、6回にズニーノ、7回にリンドとソロ弾を放ち、一発攻勢で岩隈を援護。リードを受けた右腕は7回まで無失点に抑えると、8回1死からベニンテンディに右前安打を浴びたところで降板した。

 岩隈は97球を投げ、5安打無失点。防御率は3.99となっている。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:8月4日(木)13時19分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。