ここから本文です

三井造船、低濃度PCB無害化処理施設 東京鉄鋼から受注

日刊産業新聞 8/4(木) 11:57配信

 三井造船(田中孝雄社長)は3日、東京鉄鋼から低濃度PCB無害化処理施設の建設工事を受注したと発表した。東京鉄鋼・八戸工場で建設される低濃度PCB廃棄物処理専用の固定床炉、小型焼却炉、廃油タンクの設計、調達、施工を一括で請け負う。05年には東京鉄鋼に炭化施設を納入しており、排ガス関係はこの一部を運用して処理を行うという。工期は2016年4月15日から17年6月30日までで、同処理施設が稼働すると年間で低濃度PCB廃油は約1680キロリットル、低濃度PCB汚染物は約1100トンの処理が可能になる。

最終更新:8/4(木) 11:57

日刊産業新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。