ここから本文です

センスの塊ルーニーをファーガソン氏も称賛 「チャールトンは現代でも偉大、ルーニーは当時でも偉大」

theWORLD(ザ・ワールド) 8月4日(木)12時10分配信

マンUで12年間プレイするルーニー

最前線はもちろん、サイド、ボランチでもプレイできるマンチェスター・ユナイテッドFWウェイン・ルーニーは実に器用な選手だ。30歳になった今でこそスピードを失いつつあるものの、ドリブル、パス、シュートとあらゆる能力のレベルが高い。ルーニーのセンスがあればほとんどのポジションを完璧にこなすことができるだろう。

英『sky SPORTS』によると、ルーニーの才能はかつて指導したサー・アレックス・ファーガソン氏も絶賛している。同氏はルーニーであればいつの時代でもトッププレイヤーになることができたと感じており、ボビー・チャールトン氏と並べて称賛した。

「ウェインはマンUで12年間プレイしている。これは現代ではとても難しいことだ。私は偉大な選手であればいつの時代でもプレイできたと考えている。ボビー・チャールトンは現代でも偉大な選手だっただろうし、ルーニーは当時でも偉大な選手だっただろうね」

現代と当時のサッカーは全く異なるものだが、ルーニーならその環境下にも対応できただろう。今季はズラタン・イブラヒモビッチが加入したために中盤でプレイする機会が増えるはずだが、ルーニーであればその環境にも問題なく適応していくことだろう。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:8月4日(木)12時10分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。