ここから本文です

男子団体は相生学院(兵庫)が優勝 [インターハイ/テニス]

THE TENNIS DAILY 8月4日(木)14時29分配信

 第73回全国高等学校対抗テニス大会および第106回全国高等学校テニス選手権大会(中国インターハイ・テニス競技/8月2~4日団体戦、5~8日個人戦/松江市営庭球場、安来運動公園庭球場)の3日目、8月4日は男女団体の準決勝、決勝が松江会場で行われた。

高校生プレーヤーへ、錦織からメッセージが届く [中国インターハイ開会式]

     ◇   ◇   ◇

【男子団体決勝】※校名の左に付いている数字はドロー番号

23名古屋(愛知)0-2 26相生学院(兵庫)
D ●川島 颯/大窪広海 3-6 2-6 ○大野 翼/金子拓矢
S1 酒井来征 3-6 5-4 打切り 阿多竜也
S2 ●高羽 蓮 1-6 2-6 ○菊地裕太

------------------------

【男子団体準決勝】

12岡山理大附(岡山)0-2 23名古屋(愛知)
D ●橋本翔弥/守時慶悟 3-6 2-6 ○川島 颯/大窪広海
S1 岡垣光祐 7-6(5) 2-1 打切り 酒井来征
S2 ●星木 昇 1-6 3-6 ○高羽 蓮

26相生学院(兵庫)2-0 51柳川(福岡)
D 大野 翼/金子拓矢 7-6(5) 2-1 打切り 山中恭兵/坂本曜隆
S1 ○大島立暉 6-3 6-3 ●山尾玲貴
S2 ○菊地裕太 7-5 6-0 ●樋口廣太郎

------------------------

試合方法◎「団体戦」は、単2本+複1本の合計3ポイント(試合順D1→S1→S2)で争われ、1~3回戦は8ゲームズプロセット(8-8後、タイブレーク採用)、準々決勝以降は3セットマッチ(各セット6-6後、タイブレーク採用)。初戦は3ポイントすべて行われ、以降は勝敗が決定した時点で打切りとなる。

*団体・個人とも天候などの理由により、試合方法が変更される場合あります。

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

最終更新:8月4日(木)14時29分

THE TENNIS DAILY