ここから本文です

大谷翔平、野球の五輪復活に意欲「野球界を代表してプレーできるように」

Full-Count 8月4日(木)17時0分配信

五輪での“二刀流”は…「それは全然考えていないです」

 2020年の東京五輪で野球・ソフトボールが復活することが決まった。リオデジャネイロ五輪開幕を前に当地で開かれたIOC(国際オリンピック委員会)総会で追加種目として正式に承認された。

過去10年の各球団ドラフト指名選手一覧

 野球競技で中心選手として活躍が期待されるのが、日本ハムの大谷翔平投手だ。東京五輪が行われる20年は26歳。野球選手として脂の乗るころに開催される。この日のロッテ戦前に報道陣の取材に対応した二刀流は、世界舞台での活躍に思いを馳せた。

「遠いようで短いと思う。はっきりとしたイメージはないですけど、自分が野球界を代表して、上でプレー出来るように頑張りたいと思います」

 投手では日本最速163キロを誇る球界のエース。打者では今季ここまで打率.353、14本塁打、39打点と急激な進化を見せている。大谷本人は「それ(五輪での二刀流)は全然考えていないです」と言うが、世界舞台での投打の活躍が期待させる。

 東京五輪での競技復活を目指すPR映像に巨人・長嶋茂雄終身名誉監督らと出演。野球競技復活を後押ししてきた。

「(追加種目に)選ばれる課程の取り組みも頑張ってきた。うれしく思います。WBCとはまた違う。(五輪での野球は)テレビで見ていたので、世界を相手に戦う憧れはあります。国を代表して戦うことがかっこよく見てました」

 自身が少年時代に水泳に取り組んでいたため、「水泳をやっていたので、よく見てましたし、体操の団体もすごかったのを覚えています」という。4年後には、すでにメジャーリーグへ移籍もしている可能性もあるが、五輪で大谷がどんなプレーをするのか。野球ファンとしては期待せざるを得ない。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:8月4日(木)17時0分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]