ここから本文です

ロッテ新人の平沢大河が二塁として初先発「チャンスと思ってやりたい」

Full-Count 8月4日(木)17時32分配信

前日は二塁で途中出場、存在感を示す絶好のチャンス

 ロッテ平沢大河内野手は4日の日本ハム戦(QVCマリン)に、9番・二塁でスタメン出場する。前夜、6回に2軍落ちした中村の代打で登場。結果は2打席連続三振だったが、守備では6回からプロ入り初めて二塁を守り、試合後に伊東監督も二塁でのスタメンを示唆していた。

ロッテ、過去10年のドラフト指名選手一覧

 この日、試合前に抱負を聞かれた平沢は「チャンスと思ってやっていきたい。(遊撃と)動きも違うし、右側に投げるので」と緊張の面持ちだったが、「今は思い切って振ること。まずはボールに(バットを)強く当てる意識でやっていきたい」と速球対策を課題にあげた。

 体重は75キロとやや痩せたようだが、湿りがちなロッテ打線にあって、存在感を示す絶好のチャンスでもある。この日、同学年ライバルの楽天オコエが2軍落ちしたが、高卒ルーキーとしての意地も見せたい。

 折しも、野球とソフトボールが東京五輪の正式種目に決定。「出たい気持ちはあるが、その前にやることをしっかりやらないと、その先はない」と気を引き締めた。

ロッテのスタメンは以下の通り。

1(中)岡田
2(右)荻野
3(左)角中
4(指)デスパイネ
5(一)福浦
6(遊)鈴木
7(三)細谷
8(捕)田村
9(二)平沢

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:8月4日(木)17時35分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。