ここから本文です

レアル・マドリードに敗戦もバイエルン陣営に落胆の色はなく「プレシーズンの1試合に過ぎない」

theWORLD(ザ・ワールド) 8月4日(木)16時0分配信

8日間で3試合目

3日、バイエルンはICC(インターナショナル・チャンピオンズ・カップ)でレアル・マドリードと対戦した。

試合は終盤のダニーロのゴールにより、レアル・マドリードが1-0と勝利している。バイエルンにとっては8日間で3試合目となっただけに、やや厳しい試合となったようだ。それでもチームを率いるカルロ・アンチェロッティ監督は一定の満足感を示している。独『Sport Bild』がコメントを伝えた。

「良い試合を見ることができた。我々は少し疲れていたね」

また、この試合に先発出場した元レアル・マドリードのシャビ・アロンソも「もちろん勝ちたかったが、プレシーズンの1試合に過ぎないということは全員がわかっている」と話し、敗戦を気にしない様子だ。

レアル・マドリードに敗れはしたものの、90分を通して試合を支配したのはバイエルンであっただけに、それこそが収穫といえるのかもしれない。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:8月4日(木)16時0分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]