ここから本文です

ロッテ鈴木大地が守備ミスを帳消しにする貴重なタイムリー

Full-Count 8月4日(木)20時47分配信

1点先制した6回1死三塁から貴重な追加点を生む右翼線二塁適時打

 ロッテの鈴木大地内野手が4日の日本ハム戦(QVCマリン)で価値あるタイムリーを放った。

 日本ハム先発・増井を打ちあぐねていたロッテ打線だが、6回に2番手・鍵谷から1点先制に成功。なおも1死三塁の場面で、鈴木が右翼線へ適時二塁打を放ち、リードを2点に広げた。

 5回に中島の平凡な遊ゴロを失策し、6回から二塁・平沢とポジションチェンジ。守備で伊東監督にお灸を据えられた鈴木は、そのゲキに打撃で応え、貴重なタイムリーを放った。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:8月4日(木)20時47分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月27日(火)