ここから本文です

ロッテ鈴木大地が守備ミスを帳消しにする貴重なタイムリー

Full-Count 8/4(木) 20:47配信

1点先制した6回1死三塁から貴重な追加点を生む右翼線二塁適時打

 ロッテの鈴木大地内野手が4日の日本ハム戦(QVCマリン)で価値あるタイムリーを放った。

 日本ハム先発・増井を打ちあぐねていたロッテ打線だが、6回に2番手・鍵谷から1点先制に成功。なおも1死三塁の場面で、鈴木が右翼線へ適時二塁打を放ち、リードを2点に広げた。

 5回に中島の平凡な遊ゴロを失策し、6回から二塁・平沢とポジションチェンジ。守備で伊東監督にお灸を据えられた鈴木は、そのゲキに打撃で応え、貴重なタイムリーを放った。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:8/4(木) 20:47

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。