ここから本文です

シュバイニーの古巣復帰はナシ! アンチェロッティ「そのプランはないし、最良のタイミングだと思えない」

theWORLD(ザ・ワールド) 8月4日(木)17時10分配信

ベテランMFの立場はますます危うい?

今夏よりドイツ王者バイエルン・ミュンヘンを指揮するカルロ・アンチェロッティ新監督が、マンチェスター・ユナイテッドからの退団が噂されるバスティアン・シュバインシュタイガーの古巣復帰を否定している。

昨夏に長い年月を過ごしたバイエルンを去り、華々しいプレミアリーグデビューを飾ったシュバインシュタイガーだったが、今夏にユナイテッドの新監督としてやってきたジョゼ・モウリーニョは、このベテランのドイツ人MFを戦力外として捉えているとされる。先日はバイエルンのカール・ハインツ・ルンメニゲ会長が同選手復帰に向けて話す準備があることを明かし、「シュバインシュタイガー自身がバイエルンへ戻る意思があるのかどうかを確認する」と語っていた。しかしイタリア人指揮官には、シュバイニーを復帰させるつもりはないようだ。英『sky SPORTS』がアンチェロッティのコメントを伝えている。

「フットボールの世界では仮定の話をしてもしょうがないよ。シュバインシュタイガーを復帰させるというプランは我々にはないんだ。彼はバイエルン・ミュンヘンというクラブにとってとても偉大な名手だったよ。でも今は、彼がここへ帰ってくる最良のタイミングとは私には思えないね」

今夏にはベンフィカからダイナミックな若きセンターハーフ、レナト・サンチェスを獲得しているバイエルンには、もはや32歳のドイツ人MFの居場所はないのかもしれない。シュバインシュタイガーの新天地探しは、多くの時間を要することになりそうだ。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:8月4日(木)17時10分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。