ここから本文です

日本ハム栗山監督がSB戦に向けて必勝宣言「明日から一生懸命やるだけ」

Full-Count 8月4日(木)22時31分配信

5日から敵地で首位決戦、連敗すれば最短6日にSBに優勝マジック点灯

 日本ハムの栗山英樹監督が4日、5日から始まる首位・ソフトバンク戦(ヤフオクドーム)での必勝を宣言した。

 4日のロッテ戦(QVCマリン)で今季6度目の完封負け。首位・ソフトバンクと5ゲーム差に広がった。

 チームは6月17日からの中日戦(ナゴヤドーム)以来、12カードぶりの負け越し。栗山監督はサバサバと振り返りつつ、ホークスとの直接対決へ向けて自らを奮い立たせた。

「(カード勝ち越しは)どっかで止まる。1年中勝ち越せたらいいけど、後ろを振り返っているヒマはない。また明日から一生懸命やるだけ」

 試合は、3番スタメンした大谷が3三振するなど2試合ぶり無安打。6回まで5度の得点圏のチャンスをいかせず無得点に終わった。抑えから先発転向し、6年ぶりに1軍先発した増井は5回4安打無失点と好投したが、助けることが出来なかった。

「増井は素晴らしかった。よく頑張った。勝たせて上げたかった。(5回降板は)球数(78球)を決めていたので。もちろん次はある。(打線は)誰が悪いではない。こういう時になんとかしないと」

 ホークスの優勝マジックは最短で6日に点灯する。5日はリーグトップタイの11勝目を目指す有原航平。なんとか踏ん張りたいところだ。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:8月4日(木)22時31分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。