ここから本文です

レスターは草刈り場じゃない! 昨季全試合出場したあの主力選手に破格の7億円オファー提示か

theWORLD(ザ・ワールド) 8月4日(木)21時10分配信

高待遇で流出を阻止へ

彼らは夏のマーケットにおける草刈り場となることを何としてでも避けたいのだろう。昨季のプレミアリーグ覇者レスターが、デンマーク代表GKカスパー・シュマイケルと新たな契約を締結すべく、太っ腹なオファーを提示しているという。

2015-16シーズンは世界中を驚かせる怒涛の快進撃により多くのサポーターの心を鷲掴みにしたレスター。しかしながら中盤の守備において中核を担っていたフランス代表MFエンゴロ・カンテはチェルシーへと去り、技巧派ドリブラーのリヤド・マフレズにもアーセナル移籍の可能性が浮上している。もちろんレスターとしてはこのまま黙って主力の流出を見届けるわけにはいかない。英『Daily Mail』によるとレスターは昨季の国内リーグ全試合に出場したチームの正守護神シュマイケルに対し、エースストライカーのジェイミー・バーディと並ぶ週給10万ポンド(約1350万円)を提示することになるという。これは年俸に換算するとおよそ7億円という破格の好条件で、レスターが本気でスカッドの維持に固執していることが分かる。

かつての名ストッパー、ピーター・シュマイケルを父に持つカスパーは昨季、15試合でクリーンシートを達成するなど大車輪の活躍を披露。偉大なDNAは少しずつ開花し始めているようだ。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:8月4日(木)21時10分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。