ここから本文です

清武は10番を背負えない!? セビージャの“マラドーナ番号”はあの選手が纏うことが濃厚に……

theWORLD(ザ・ワールド) 8/4(木) 23:02配信

14番で確定か

今夏にドイツのハノーファーからスペインの名門セビージャへ移籍した日本代表MF清武弘嗣は、噂されていた10番のシャツではなく、14番を纏うことになるかもしれない。

セビージャで昨季まで“No.10”を背負っていた元スペイン代表アタッカーのホセ・アントニオ・レジェスが、同じスペインのエスパニョールへ移籍したことで、今後は誰が栄光の10番を背負うのかに多くの注目が集まっていた。ハノーファーで10番を付けていた清武は、セビージャとの契約時にエースナンバーの着用をクラブ幹部に求めたとして話題を呼んでいたが、どうやらそのシャツを纏うのはウクライナ代表MFイェフヘン・コノプリャンカとなりそうだ。というのも2日に行われたグラナダとのプレシーズンマッチにおいて清武は14番を付けており、10番はウクライナ人アタッカーの手に。さらに同クラブは公式サイトでもコノプリャンカの10番シャツの販売を先行でスタートさせている。

セビージャには今夏、ブラジル代表の天才パサーであるガンソや、セリエA屈指の攻撃的MFフランコ・バスケスなど、10番に適したプレイスタイルを持つ新戦力が多く加入したものの、かつてディエゴ・マラドーナも背負った“人気の番号”を手にするのは昨年にドニプロよりやってきた26歳のコノプリャンカとなりそうだ。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:8/4(木) 23:02

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]