ここから本文です

業者への未払い金 藤沢市が一時立て替え

カナロコ by 神奈川新聞 8月4日(木)12時43分配信

 藤沢市の女性職員(61)=懲戒免職=が学校給食費を着服していた問題で、市議会全員協議会が3日開かれた。市側は改めて陳謝し経緯を説明。着服により生じた食材納入業者への未払い金約6470万円については、市が立て替える形で早急に業者へ支払い、元職員に弁済を求めて回収する方針を示した。

 一時的に公金を投入して補填(ほてん)することに、市議からは「回収は難しいと思うが、できなかった場合どうするのか」と厳しい質問も出た。市側は「本人にも状況を聞き取ってしっかり求償したい。全額弁済に向けて最大限の努力をしていく」と理解を求めた。

 鈴木恒夫市長は「1年余りで着服が3件相次ぎ、危機的な状況。管理監督責任は重く、9月定例市議会で明確にしたい」と説明。自身の減給処分も含めて検討していく考えを述べた。

 また、7月下旬には鈴木市長を本部長とする「不祥事再発防止策再構築等本部会議」を設置したことを明らかにした。再発防止策の策定と職員のコンプライアンスの向上を目的に、所属長を通じて全職員のヒアリング調査を8月中旬までに行い、日常業務の問題点や改善点を洗い出すとした。

最終更新:8月4日(木)12時43分

カナロコ by 神奈川新聞