ここから本文です

THAAD配備の星州住民、ヒラリー氏とトランプ氏に公開質問

ハンギョレ新聞 8月4日(木)8時2分配信

韓国THAAD配備に対する立場と 撤回意思を尋ねる質問書送る セヌリ党代表選挙候補者5人にも 6日までに回答を要求

 慶尚北道星州(ソンジュ)の住民らが米国大統領選挙候補とセヌリ党代表選挙候補者に韓国への高高度防衛ミサイル(THAAD)配備に対する立場を尋ねる公開質問書を送った。

 「THAAD配備撤回星州闘争委員会」(共同委員長ペク・チョルヒョン、チョン・ヨンギル、キム・アンス、イ・ジェボク)は3日、「大韓民国へのTHAAD配備に対する立場を尋ねる公開質問書を米大統領候補とセヌリ党党代表候補者に送った」と明らかにした。

 闘争委は今月1日、米共和党のドナルド・トランプ大統領候補と民主党のヒラリー・クリントン大統領候補に、韓国へのTHAAD配備に対する立場と撤回の意思を尋ねる公開質問書を電子メールで送った。2日には同じ内容の公開質問書を書留でも両候補に送った。

 また闘争委は今月1日、セヌリ党代表選挙に出馬したイ・ジュヨン、イ・ジョンヒョン、ハン・ソンギョ、チョン・ビョングク、チュ・ホヨン議員にもファックスで公開質問書を送った。闘争委はこれら5人の候補者に韓国THAAD配備の撤回、および国会批准同意案に対する立場を6日までに明らかにしてほしいと要求した。

 闘争委は15日から米ホワイトハウスの請願ホームページの「We the People」で「韓国THAAD配備決定撤回」署名運動をしている。3日午後2時20分現在、4万9621人が参加した。14日までに10万人が署名すれば、この問題に対する米国政府の公式回答を得ることができる。

星州/キム・イルウ記者 (お問い合わせ japan@hani.co.kr )

最終更新:8月4日(木)8時2分

ハンギョレ新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。