ここから本文です

マクラーレン、メルセデスへの訴訟を検討か。有力エンジニア引き抜きに失敗との報道

オートスポーツweb 8月4日(木)8時18分配信

 マクラーレンはメルセデスのビークルダイナミクス部門のボス、ロイック・セラとの契約をめぐり、メルセデスに対して法的措置をとることを検討していると、スペインメディアが報じている。

2016年第12戦ドイツGP フェルナンド・アロンソ(マクラーレン・ホンダ)とセルジオ・ペレス(フォース・インディア)のバトル

 
 スペインのMarcaによると、マクラーレン側の主張では、セラはマクラーレンとの正式契約を結んだにもかかわらず、メルセデスがそれを阻止、チームに残るよう彼を説得したという。 
 
 そのため移籍は実現せず、マクラーレンは契約違反が生じたとして、法的手続きに持ち込もうとしているということだ。 
 
 セラはベテランエンジニアで2006年から2010年にBMWザウバーでビークルパフォーマンス部門の責任者を務め、その後、メルセデスと契約、いくつかの役職を経た後に現在のビークルダイナミクス部門責任者のポジションに就いた。
 
 メルセデスは訴訟問題についてはノーコメントを貫いているが、トト・ウォルフはセラはメルセデスに残ると明言したという。
 
 一方、マクラーレンのスポークスマンは「法的手続きに関する問題であるため、手続きが完了するまでは何も申し上げられない」と発言している。

[オートスポーツweb ]

最終更新:8月4日(木)8時21分

オートスポーツweb