ここから本文です

実は熾烈な10位争い。ザウバーが次戦スパで新エアロを導入

オートスポーツweb 8月4日(木)15時50分配信

 リヤに続いて新型フロントウイングを導入予定


ザウバーはサマーブレーク後に、パフォーマンスアップを目指して作られた新しいフロントウイングを導入すると明らかにした。

【写真】インフォグラフィックスで見る2016ドイツGPGP決勝

 ザウバーはハンガリーGPで新たなリヤウイングを導入したが、大きなパフォーマンスの向上は見られなかった。しかしその一週間後に行われたドイツGPでは、その改善が数字に表れた。リヤウイングは新しいフロントウイングやフロア、その他の周辺パーツと同様に、C35の総合的アップグレードの一部となったのだ。

 チームは新オーナーであるロングボウ・ファイナンスによる資源の注入が可能になり、新しいリヤウイングがベルギーGPでデビューとなる。フロアに関しても潜在的に導入される。



「新しいリヤウイングは大幅なパフォーマンス向上を望めるパーツではないとわかっていますが、期待どおりの役割は果たしてくれました」とチーム代表のモニシャ・カルデンボーンは語る。

「しかし、これが大きな一歩とは考えていません。今回のリヤウイングはアップデート・コンセプトの一端で、その中の数ある小さなピースのひとつにすぎません」



「我々はいくつかのパーツとともに新しいフロントウイングをスパで導入します。フロアに関しては、次のレースに間に合うかまだわからない状態です。それでもパッケージ全体を見ると、予定されたアップデートが組み合わさってきたので、スパでは好パフォーマンスを期待したいですね」

 ザウバーはシーズン前半戦でポイント獲得ができず、周回遅れの下位チームというイメージが定着してしまっている。今のザウバーには、コンストラクターズランキングでトップ10を争うためのアップグレードが必要なのは明らかだ。ライバルとなるマノーはオーストリアGPでパスカル・ウェーレインが10位フィニッシュを達成して1ポイント獲得しているため、コンストラクターズランキングで10位を確保している。

 ザウバーは手付かずのパッケージで単調なレースをするのではなく、クルマを開発していく段階にあることがポジティブな効果を導くとカルデンボーンは話す。

「開発がどの程度進んでいるか、きちんと把握する必要があります。大きな一歩でなくポジティブな一歩を歩むことが、モチベーション維持に繋がりますからね。みんなが仕事を全うし、望ましいパフォーマンスを出すということが重要になってきます。我々がこれまで時間を費やし、計画してきたことを示すのもまた重要です」

「それが再びチームに自信を植え付けることになり、同時に我々の望む全てが実現するはずです。我々にはそれができると思っています。もちろんその次は新しいクルマにも専念するつもりです」

[オートスポーツweb ]

最終更新:8月4日(木)15時53分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]