ここから本文です

【先ヨミ】NMB48『僕はいない』がダントツ首位、2位&3位はApinkとGLAYが接戦中

Billboard Japan 8月4日(木)15時40分配信

 SoundScan JapanによるCDシングル売上レポートから8月1日~8月3日までの集計が明らかとなり、NMB48の『僕はいない』が35万枚以上を売り上げ、2位以下に大きく差をつけた。

 本作は8月9日に卒業を予定している渡辺美優紀がセンターを務めており、渡辺にとって最後のシングル作品となる。6月29日放送のテレビ東京『テレ東音楽祭』で初披露された他、7月22日放送のテレビ朝日系『ミュージックステーション』でも披露されており、Twitterも7月11日以降20位以内をキープ。セールス状況を見る限りでは次回のHOT 100でも首位を獲得するのは間違いないが、セールス以外の指標もどのような動きを見せるのかが気になるところ。

 続いて、接戦を繰り広げているのが2位Apinkの『サマータイム!』と、3位GLAY『[DEATHTOPIA]』。今週、全国各地でリリースイベントを開催しているApinkがこのまま逃げ切るか、テレビアニメ『クロムクロ』のオープニングテーマにも起用されている『[DEATHTOPIA]』が逆転するかに注目だ。

 そして4位はTVアニメ『ラブライブ!サンシャイン!!』挿入歌シングル第1弾Aqours「決めたよHand in Hand/ダイスキだったらダイジョウブ!」。僅差で迫るのが、現在5位のAOAの5枚目シングルとなる『Good Luck』。そして先週首位を獲得した乃木坂46『裸足でSummer』は、今週も6位と健闘中だ。

◎SoundScan Japanシングルセールス集計速報
(2016年8月1日~8月3日までの集計)
1位『僕はいない』NMB48 35.0万枚
2位『サマータイム!』Apink 3.0万枚
3位『[DEATHTOPIA]』GLAY 2.9万枚
4位『決めたよHand in Hand/ダイスキだったらダイジョウブ!』Aqours 2.17万枚
5位『Good Luck』AOA  2.16万枚
※表示枚数は概数となります。

最終更新:8月4日(木)15時40分

Billboard Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。