ここから本文です

【先ヨミ】Hey! Say! JUMPが再び1位に!さらに西野カナ、スピッツが続く

Billboard Japan 8月4日(木)15時40分配信

 SoundScan JapanによるCDアルバム売上レポートから2016年8月1日~8月3日までの集計が明らかとなり、Hey! Say! JUMPの『DEAR.』が現在1位となっている。

 Hey! Say! JUMPの本作は、集計期間が7月26日~7月31日の“Billboard Japan Top Albums Sales”で1位を獲得し、引き続き今回の先ヨミ集計期間でも1位となり、勢いを見せている。2位の西野カナ『Just LOVE』も、同チャートの4位から、今回の先ヨミで2位にジャンプアップ。同様にスピッツの『醒めない』が2位から3位となり、発売日初週を過ぎた3作品が現在トップ3を占めている。

 4位はセルフカバー楽曲が多数収録されている、クレイジーケンバンド『香港的士』で、5位にはグループ名改名後、初のアルバムとなるチャオ ベッラ チンクエッティ『Alive 4U!!!!』が続いている。
  
◎SoundScan Japanシングルセールス集計速報
(2016年8月1日~8月3日までの集計)
1位:『DEAR.』Hey! Say! JUMP 1.2万枚
2位:『Just LOVE』西野カナ 6800枚
3位:『醒めない』スピッツ 6200枚
4位:『香港的士』クレイジーケンバンド  5600枚
5位:『Alive 4U!!!!』チャオ ベッラ チンクエッティ 3400枚

最終更新:8月4日(木)15時40分

Billboard Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。