ここから本文です

ブリトニー・スピアーズ、ついにニューアルバム発表へ

Billboard Japan 8月4日(木)20時5分配信

 ブリトニー・スピアーズの9thスタジオ・アルバム『グローリー(Glory)』が8月26日、ついにApple Musicにてリリースされることが明らかになった。先日には同作からのニューシングル「メイク・ミー feat.Gイージー」を、米ビルボード・ソング・チャート“Hot 100”で17位に初登場させている。

 今回のリリース・ニュースはブリトニー・スピアーズのツイッターで発表されたものだが、そこでは同作が自身にとって“新たな時代の幕開け”であることも約束している。

 また、現地時間3日の夜中から可能となっている『グローリー』のプレオーダーをすると、収録曲の「プライベート・ショウ」を即座にゲットできるそうだ。同曲は先月公開された同じ名前の彼女の新しい香水のティーザー映像で一瞬披露されていた曲だ。

 ブリトニーの前作となる2013年の『ブリトニー・ジーン』は、「ワーク・ビッチ」というヒット曲が生まれたものの、最も期待外れの一面を持った作品でもあった。いいかげんなファンの反応は別として、商業的には平均以下で、米アルバム・チャート“Billboard 200”では彼女のスタジオ・アルバムとしては過去最低の4位発進となった。

 ところがその後、ブリトニー・スピアーズはラスベガスでレジデンシー公演を行い、そのスター性と彼女への関心を再び取り戻す助けとなった。

最終更新:8月4日(木)20時5分

Billboard Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。