ここから本文です

七尾旅人が戦死自衛官に、終戦記念日より都内で1週間限定上映

Billboard Japan 8月4日(木)20時5分配信

 七尾旅人の初のライブ映像作品『兵士A』が8月15日の終戦記念日より渋谷アップリンクで上映されることが決定した。

 本映像のために断髪した七尾が演じるのは、近い将来、この国に数十年ぶりに現れるかもしれない1人目の戦死兵。書きためられた大量の新曲の中から相応しい楽曲を選び、時間と空間を越えておよそ百年間の壮大なスパンで、人間であることの困難さや、微かな希望を歌い上げている。そして、この壮絶なライブの撮影、編集を担当しているのは新進気鋭の映像作家・河合宏樹。七尾旅人の最新アルバムとも呼べる、前例のないライブ映像作品として結実した。

 先日行われた渋谷のライブハウスでの試写会に参加した渋谷の映画館アップリンクの担当者が、これは映画館で体験すべき「映画」であると、急きょ劇場公開を企画。この度終戦記念日を皮切りにロードショー公開が決定した。なお、8月15日には七尾旅人による舞台挨拶も予定されている。また広島の横川シネマほか、全国でも上映が予定されている。

 『兵士A』特設サイトでは佐野元春や岡村靖幸、さらに現役自衛官などによるコメントが掲載されている他、作品を紐解くためのさまざまなテキストが公開されている。さらに、監督である河合宏樹によるダイジェスト映像「兵士A」予告編を始め、「COMMENT」ページには現在<特殊ワンマン『兵士A』公演時のTwitterのまとめ>など、公演の準備から終演後までの流れを追体験することもできる。

◎公開情報『兵士A』
作詞・作曲・演奏:七尾旅人/サックス・クラリネット:梅津和時/舞台映像:ひらのりょう
監督:河合宏樹(2016年/日本/175分/カラー/16:9)

more info: http://www.tavito.net/soldier_a/

最終更新:8月4日(木)20時5分

Billboard Japan