ここから本文です

志尊淳『そし誰』キャラ一変で“チャラ五木”に!ファンからも好評?

クランクイン! 8月4日(木)7時30分配信

 ドラマ『そして誰もいなくなった』(日本テレビ)に出演中の俳優・志尊淳が、同ドラマの第4話の劇中カットをツイッターで公開した。志尊は主演の藤原竜也演じる藤堂新一の職場の後輩・五木啓太役。これまでの誠実なイメージとは一変した姿に反響が寄せられている。

【関連】「志尊淳」フォトギャラリー


 「今までの五木のビジュアルとは一転、予告でもあった通り、こんな姿になっています」とコメントする志尊があげた写真では、手に指輪をはめ、挑発するかのような表情で藤堂に迫る五木の姿。撮影時、スタッフから「黒五木」もしくは「チャラ五木」と呼ばれていたと明かし、「ふふふ。お楽しみに」と締めくくっている。

 ファンからは「スーツ五木と私服五木のギャップがありすぎです!」「こんなチャラ&黒五木が嫌で(二階堂ふみ演じる)早苗は別れちゃったのかなー?なんて妄想しております」「黒五木最高です。甘い志尊くんも好きです。黒志尊くんも大好き。ドキドキが止まりません」「第3話までは黒五木のイメージですが、第4話の予告見てチャラ五木だあーと興奮してしまいました」など、早くも好感を持つファンが続出。「黒五木」&「チャラ五木」の呼び名はファンにも浸透しているようだった。

最終更新:8月4日(木)7時30分

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。