ここから本文です

実写『銀魂』、神楽役は橋本環奈!「『鼻ホジ』や『ゲ○吐き』シーンも…」

クランクイン! 8月4日(木)6時0分配信

 福田雄一監督と主演・小栗旬のタッグで送る、漫画家・空知英秋原作の実写映画『銀魂』(2017年公開)の新キャストが発表され、主要キャストとして新八役に菅田将暉、神楽役を橋本環奈が演じることが明らかとなった。

【関連】「菅田将暉」フォトギャラリー


 2004年より連載が開始した「週刊少年ジャンプ」(集英社)の人気コミック『銀魂』は、パラレルワールドの江戸を舞台に、宇宙からやってきたという「天人」の台頭と廃刀令により、侍が衰退の一途をたどる中で己を信じる侍魂を堅持する主人公・坂田銀時とその仲間の身に起きる珍事件の数々を描く。実写映画化発表はネット上の話題を独占し、1000以上のニュースが配信されリアルタイム検索やトレンドワードを占拠。さらに7種のビジュアルがランダム表示される公式サイトは1日で120万PVを記録した。

 主人公・坂田銀時役を小栗旬が担当しているほか、銀時が営む“万事屋”で働く志村新八役に菅田将暉、同じ万事屋で働く、宇宙最強の戦闘種族・夜兎族の生き残りの少女・神楽に橋本環奈が決定。新八の姉・妙には長澤まさみ。銀時の盟友の桂小太郎役に岡田将生、ムロツヨシは、銀時が頼りにするからくり堂の店主・平賀源外役。さらに近藤勲役に中村勘九郎、土方十四郎を柳楽優弥、沖田総悟には吉沢亮が担当と、豪華な名前が出演キャストとして名を連ねている。

 今回、新八役を務める菅田はオファーを受けた際に「これは大役だ。空知先生はどう思っていらっしゃるのか?と思うと、とても怖かったです」と不安を抱えていたことを明かしつつ「少なからずこれまでの人生では突っ込みタイプではありますので精一杯演じさせて頂きます」と役柄への意気込みを明かしている。

 また橋本も「私の同級生、友人の間でもとにかくファンの多い作品です。その作品の実写版で、それも神楽役と聞いた時はとにかく驚きました」とオファーに驚きながらも「愛らしく、マイペースな神楽に成りきって撮影に臨ませて頂いてます」と真剣に取り組んでいる様子を明かす。また一方で「勿論神楽ならではの『鼻ホジ』や『ゲ○吐き』シーンも…」と、原作ファンを期待させるコメントを寄せている。

最終更新:8月4日(木)6時0分

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。