ここから本文です

ハリウッド版『デスノート』死神リューク、声優はウィレム・デフォー

クランクイン! 8月4日(木)5時0分配信

 人気マンガ『DEATH NOTE』(原作・大場つぐみ、作画・小畑健)のハリウッド実写映画版『デスノート』で、劇中に登場する死神リュークの声優を『プラトーン』『スパイダーマン』のウィレム・デフォーが担当することが分かった。海外メディアMovieWebが報じている。

【関連】東出昌大、菅田将暉ら出演『デスノート Light up the NEW world』フォトギャラリー


 ハリウッド版のキャストは、ライト役にナット・ウルフ、弥海砂に当たるミア役にマーガレット・クアリー、L役にキース・スタンフィールド、ワタリ役にポール・ナカウチが決定している。メガホンを取るのは、スリラー映画『ザ・ゲスト』で知られ、大ヒットホラー『ブレア・ウィッチ』の新作を撮ったことがコミコンで発表されたアダム・ウィンガードだ。

 『DEATH NOTE』の物語は、原作同様に高校生のライトが、所有者が対象者の顔と名前を知っている場合、殺すことができるという超自然的な力を持つ1冊のノートを拾うことから始まる。神のごとき力を手にしたライトは、生きる価値がないと考えた者たちを次々に抹殺していくのだが、ライトの凶行を阻止しようと現れるのが、名探偵のLだ。

 今回デフォーが声優を務めることとなった死神のリュークは、デスノートの作り手にして、その力に気づいた人間がどんな行動を起こすのか知るために、人間界に落とした張本人というキャラクター。藤原竜也と松山ケンイチが共演した実写映画『DEATH NOTE デスノート』(06)では中村獅童が、その英語版ではブライアン・ドラモンドが声優を務めていた。

 ハリウッド版『デスノート』は2017年にNetflixで全世界ストリーミング開始。

最終更新:8月4日(木)5時0分

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。