ここから本文です

『スター・ウォーズ』ヒロイン女優、ネット虐めでSNSアカウントを削除

クランクイン! 8月4日(木)12時0分配信

 映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』でブレイクした若手女優のデイジー・リドリーが、自身のインスタグラムに寄せられた心無いコメントを受けて、アカウントを削除していたことがわかった。海外メディアDigital Spyが報じている。

【関連】「デイジー・リドリー」フォトギャラリー


 ことの発端は、デイジーが現地時間7月31日に出席したティーン・チョイス・アワード2016で、アメリカのフロリダ州オーランドで発生した銃乱射事件、そしてルイジアナ州バトンルージュで起こった黒人射殺事件への追悼がささげられたことだった。その翌日、デイジーは自身のインスタグラムとフェイスブックに、「ちょっと真面目に。昨日、観客と一緒に座って、銃による暴力の被害を受けた人々を追悼していたとき、涙が出たの」というメッセージを投稿したのだ。

 多くのファンが共感を示す一方で、これに反感を抱くファンも複数いた。彼らはリドリーが、主人公のレイを演じた『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』で、ブラスターを使ってストーム・トルーパーを撃ち殺していたことを引き合いに出し、「偽善者」と糾弾したのである。

 これを受けて、デイジーはインスタグラムアカウントを削除。彼女と同作で共演したジョン・ボイエガの、「彼女は彼女のためにベストなことを行っている。戻ってくるようにアドバイスはしないよ。ごめんね」というファン向けのコメントから察するに、しばらくの間、デイジーがインスタグラムを再開させることはないようだ。

最終更新:8月4日(木)12時0分

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。