ここから本文です

『3月のライオン』第2弾ビジュアル解禁!棋士たちの戦う姿が初公開

クランクイン! 8/4(木) 15:45配信

 漫画家羽海野チカの大人気漫画を原作としたアニメ『3月のライオン』(10月よりNHK総合テレビにて放送開始)で、第2弾キービジュアルが解禁され、将棋界を舞台にしたイメージが公開された。またこのイメージは、4日から西武ギャラリーにて開催している「羽海野チカの世界展~ハチミツとライオンと~」においても公開されている。

【関連】『3月のライオン』ビジュアル<フォトギャラリー>


 本作は、幼い頃に事故で家族を失い、心に深い孤独を負う17歳のプロ将棋の棋士・桐山零の棋士としての活躍とともに、東京の下町に一人で暮らす彼が、あかり・ひなた・モモという3姉妹と出会い、少しずつ変わり始めていく様を描いたストーリー。2017年春には大友啓史監督、神木隆之介が主演の2部作での実写映画化が決定している。

 監督は『化物語』シリーズや『魔法少女まどか☆マギカ』などを手掛けた新房昭之が担当。キャストには桐山零役に河西健吾、川本あかり役に茅野愛衣、川本ひなた役に花澤香菜、川本モモ役に久野美咲らが決定している。

 展示会の会場で展示される第2弾キービジュアルは、前回公開された第1弾ビジュアルとは対照的に、アニメビジュアル初公開となる棋士たちで構成された「戦い」という側面に焦点をあてたビジュアルとなっている。

 また展示会では、羽海野氏の長編デビュー作にしてテレビアニメ化、実写映画化もされた大ヒット漫画『ハチミツとクローバー』と『3月のライオン』の原画を主に、愛猫・ブンちゃんのイラストや「月刊MOE」に掲載された作品、テレビアニメ『3月のライオン』のキャラクター設定画やキャスト&スタッフのメッセージ色紙など、150点以上が飾られている。

 展示会「羽海野チカの世界展~ハチミツとライオンと~」は8月4日より17日まで西武ギャラリー(西武池袋本店別館2F)にて開催。

最終更新:8/4(木) 15:45

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]