ここから本文です

驚異の“1試合22奪三振” 衝撃を与えた神奈川の怪物左腕 【あの夏のヒーロー】

ベースボールキング 8/4(木) 7:00配信

いよいよ開幕、夏の甲子園!

 日本の夏の風物詩「全国高校野球選手権大会」が、8月7日(日)に開幕する。

 きょう4日には組み合わせ抽選会が開催されるなど、いよいよ大会が近づいてきた今、かつて聖地を沸かせた“夏のヒーロー”たちを振り返っていきたい。

 今回は2012年、第94回大会で2年生ながら大きな注目を集めたあの“奪三振マシーン”のはなし。

27個のアウトのうち、22個を三振で奪った男

 毎年のように新たなスターを生み出す甲子園。球児たちにとっての夢舞台は、次のステージへステップするための絶好のアピールの機会でもある。

 楽天で背番号「1」をつける左腕も、甲子園でまばゆい輝きを放ち、自ら夏の主役の座を掴んだ一人である。

 松井裕樹――。当時の桐光学園の2年生エースだ。2012年の夏、1回戦は今治西高戦。この試合が甲子園デビューとなる松井は、初のマウンドでいきなり衝撃を与えた。

 伸びのあるストレートと、驚異のキレ味を誇るスライダーを武器に、大会史上最多となる「10連続奪三振」と「1試合22奪三振」を記録。ちなみに、1試合を完投して積み上がるアウトの個数は27個。松井はそのうち22個のアウトを三振で奪うという離れ業をやってのけた。

“板東英二超え”への挑戦

 一躍脚光を浴びた男は、2回戦の常総学院戦でも19奪三振をマーク。2試合で奪った三振は計41個……。それまで板東英二が持っていた2試合計での最多奪三振記録を更新してみせた。

 坂東の大会通算記録超えにも期待が高まる中、3回戦の対戦相手・浦添商は「松井対策」を練って来る。

 打席で投手よりに立ち、ノーステップ打法を取り入れて対応してきたのだ。この結果、3回二死まで三振はなし。甲子園での毎回奪三振記録は途切れたが、終盤8回からの6連続三振を含めてこの試合でも12奪三振を記録し、順調に三振の数を積み上げた。

 ところが、準々決勝の光星学院戦。結果的にはこの試合でも15個もの三振を奪ったのだが、両チーム無失点で迎えた8回に田村龍弘(現ロッテ)と北條史也(現阪神)に連打され、3失点で敗退。ペースは順調だったが、敗れてしまったために数を伸ばしていくことはできなかった。

 結局、この大会通算で36イニングを投げ、奪った三振は計68個。奪三振率は17.00という圧巻の数字を残した。

 「68奪三振」は1大会の奪三振記録で坂東、斎藤佑樹(早稲田実)に次ぐ歴代3位という快挙であり、左腕としては史上最多の記録となった。

1/2ページ

最終更新:8/5(金) 1:52

ベースボールキング