ここから本文です

マーリンズ、サヨナラ負けで3連敗 イチローは代打で遊飛、10打席無安打

ベースボールキング 8月4日(木)6時53分配信

○ カブス 5x - 4 マーリンズ ●
<現地時間8月3日 リグリー・フィールド>

 メジャー3000安打へ残り2本としているマーリンズのイチローが3日(日本時間4日)、敵地でのカブス戦に代打で出場したが遊飛に倒れた。チームも救援投手陣が大乱調で痛恨のサヨナラ負けを喫した。

 5試合連続ベンチスタートとなったイチローは、3-1の7回、一死一塁の場面で登場。相手投手は過去のキャリアで最も安打を放ってる先発・ラッキーだったが、2球目の直球に詰まらされ、打球は遊撃への小フライとなった。

 イチローは守備には就かずそのまま交代。メジャー通算2998安打変わらず、これで6試合10打席無安打で打率は.318となった。

 マーリンズは1-1の7回、7番マシスが2号2ランを放ち勝ち越し。続く8回にも3番イエリッチが11号ソロを放ちリードを3点に広げた。

 しかし8回裏、3番手のロドニーが暴投で失点。2点リードの9回も守護神のラモスが犠飛と押し出し四球で同点に追いつかれ、最後はサヨナラ暴投で自滅した。

 マーリンズは勝ちパターンが大荒れで、敵地で3連敗。勝ち試合を落とし、同地区首位・ナショナルズの背中が遠のく貯金「6」となった。

BASEBALL KING

最終更新:8月4日(木)7時7分

ベースボールキング