ここから本文です

ロッテ・唐川が7回無失点で4勝目!「ランナーを出しても粘れた」

ベースボールキング 8/4(木) 22:15配信

○ ロッテ 3 - 0 日本ハム ●
<17回戦・QVCマリン>

 ロッテの唐川侑己は毎回のように走者を背負う投球も、7回を無失点に抑え、4勝目を挙げた。

 立ち上がりからピンチの連続だった。初回は、先頭の西川遥輝に、いきなりレフト線を破られる二塁打で出塁を許すと、続く中島卓也に送られ一死三塁。3番の大谷翔平をスライダーで空振り三振、4番の中田翔を一邪飛でピンチを凌ぐ。2回は三者凡退に抑えたが、「欲を出したら、悪い方にでた」と3回は3つの四球で満塁のピンチを招いた。ここで同級生の4番・中田を迎える。「いいバッターなので、という意味で力が入りました」。唐川は中田を3球三振に仕留め、満塁のピンチを脱した。

 4回は無死走者なしから連打で一、二塁も7番陽岱鋼を三併殺、5回も一死から鈴木大地の失策で、中島の出塁を許したが、続く大谷を三振。スタートを切っていた中島の盗塁を、捕手の田村龍弘が刺し三振併殺で、この回もスコアボードに0を入れる。

 6回も走者を出しながらも無失点に抑えると、その裏、デスパイネ、鈴木のタイムリーで2点の援護をもらう。直後の7回は代打の浅間大基を一ゴロ、西川を遊ゴロ、中島卓を三邪飛で、2回以来となる三者凡退に仕留めた。唐川は7回、6安打、7奪三振、3四死球、無失点の好投だった。

 再三ランナーを出しながらも7回無失点に抑えた唐川は、「ランナー出しても、なんとか粘れている。どんどんストライクが投げられたし、甘いところを投げても、ファールになってくれるラッキーな部分もあった。狙えて(ストライクが)取れている部分もあった」と振り返った。

 伊東監督は「ピンチを作りながら、良いピッチングをしてくれた。真っ直ぐで押していたので、かなり状態は良かったと思います。7回まで0で抑えてくれたので、言うことはないです。今日くらい投げてくれれば大丈夫です」と称賛した。

BASEBALL KING

最終更新:8/4(木) 22:19

ベースボールキング