ここから本文です

ヤクルト由規、1797日ぶりの神宮勝利 7四球も無失点、驚異の粘りで2連勝!

ベースボールキング 8月4日(木)21時42分配信

○ ヤクルト 5 - 2 広島 ●
<17回戦・神宮>

 ヤクルトが首位・広島相手に2連勝。6回無失点の先発・由規が実に1797日ぶりとなる本拠地勝利をマークし、今季2勝目を連勝で飾った。

 右肩痛から復帰3戦目となった由規は初回、二死から3番丸を四球で歩かせたものの、相手のギャンブルスタートを落ち着いて封じ無失点スタート。2回も二死から連続四球でピンチを作ったが、8番会沢を空振り三振に仕留めた。

 するとその裏、女房役の6番西田が中堅への三塁打でチャンスメイクすると、7番西浦が右翼への犠飛を放ち先制。援護を受けた直後の3回表は、由規がこの試合初めて広島打線を3者凡退に抑えチームを勢い付けた。

 由規は1点リードの4回も2四球などで二死満塁とされたが、ここでも会沢を遊ゴロに打ち取りピンチ脱出。5回も6つ目となる四球などで再び得点圏に走者を背負ったが、ルナを遊ゴロに打ち取り得点を許さなかった。

 6回は簡単に二死まで漕ぎつけたあと、7番松山に右前打、会沢にはこの試合7つ目の四球を与えまたも一、二塁。ここで暴投も重なり一、三塁とされたが、この場面でも驚異的な粘りを発揮し、代打・岩本を遊飛に仕留めた。

 由規は2点リードの6回裏、打順が回り代打・上田を送られ交代。制球に苦しみ広島打線に7四球を与えたが、6回を3安打7奪三振の粘投で、スコアボードにゼロを刻み続けた。

 打線は5回、二死満塁から西浦がこの試合2打点目となる右前適時打を放ち追加点。続く6回には、3番山田が32号3ランを放ち由規の勝利をグッと近づけた。

 7回以降は成瀬、松岡、ルーキ、秋吉と小刻みに繋ぎ逃げ切り勝ち。ヤクルトは7連敗のあと2連勝とし、首位・広島相手のカード勝ち越しを決めた。

BASEBALL KING

最終更新:8月4日(木)22時30分

ベースボールキング

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]