ここから本文です

FC東京が8年ぶり3度目のクラブユース王者に…鈴木喜丈らの得点で清水を下す

SOCCER KING 8月4日(木)19時55分配信

 4日、第40回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会決勝が行われ、FC東京U-18と清水エスパルスユースが対戦した。

 高円宮杯U-18サッカーリーグ2016プレミアリーグEASTに所属するJクラブユース同士の対戦となった決勝戦。立ち上がりは両チームとも前線から激しいプレスを掛け合い、一進一退の攻防が続く。

 先制したのはFC東京。32分、左サイド深くに走りこんだ伊藤純也にクロスが渡ると、折り返したボールを鈴木喜丈がシュートし、ゴール左隅に決まった。

 44分にはFC東京が追加点。ディフェンスラインの裏に抜けた半谷陽介が冷静に沈め、FC東京が2-0でリードして前半を折り返す。

 清水は後半開始から宮本優、鈴木魁人を投入し、反撃を試みるも、FC東京が押し込む時間帯が続く。

 62分にはここまで大会得点ランクトップタイの中学3年生FW久保建英を投入し、追加点を狙うも、このまま試合は終了。FC東京が勝利を収め、8年ぶり3度目の優勝を果たした。
 

【スコア】
FC東京U-18 2-0 清水エスパルスユース

【得点者】
32分 1-0 鈴木喜丈(FC東京)
44分 2-0 半谷陽介(FC東京)

SOCCER KING

最終更新:8月4日(木)20時42分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。