ここから本文です

「最敬礼!」…2得点の久保を地元紙が絶賛「もやもやを乗り越えてヒーローへ」

SOCCER KING 8月4日(木)18時30分配信

 チャンピオンズリーグ予選3回戦セカンドレグが8月3日に行われ、FW久保裕也が所属するヤング・ボーイズ(スイス)とシャフタール(ウクライナ)が対戦した。久保はフル出場で2ゴールの大活躍。ヤング・ボーイズは2-0で90分を終え、2試合合計2-2とタイに持ち込んで延長戦へ。そして決着はPK戦に持ち越され、4-2で制したヤング・ボーイズがプレーオフ進出を決めた。

 リオデジャネイロ・オリンピックに臨む日本代表メンバーに名を連ねながら、ヤング・ボーイズ側が派遣を望まず、最終的に出場を断念することとなった久保。気持ちの切り替えを迫られる中で先発出場すると、2ゴールを挙げてプレーオフ進出の望みをつなぐ。そしてPK戦では2人目のキッカーとして、冷静にシュートを成功させた。まさにワンマンショー級の大活躍で、チームを予選3回戦突破へ導いた。

 スイス紙『Berner Zeiung』は「最敬礼」との見出しの下、「久保、もやもやの日々を乗り越え、ヒーローへ駆け上がる」と、気持ちを切り替えて大逆転の立役者となった久保を最大限に褒め称えた。

 同紙は、キャプテンを務めるスイス代表DFスティーヴ・フォン・ベルゲンが試合前日に「感情を表に出さない。それがポジティブであれネガティブであれ、ユウヤはいつだってユウヤだ」と語っていたことを紹介したうえで、「珍しく久保が感情を爆発させた」と、久保にとって特別な思いで挑んだ一戦だったことを伝えた。

 久保は0-0で迎えた54分、クロスに合わせてペナルティーエリア内に走り込み、相手DFを振り切りながら押し込んで反撃の狼煙をあげると、続く60分にもペナルティーエリア左側で受けたパスから右足シュートでニアサイドを射抜いた。

 同紙は、大逆転の舞台を整える2点目のゴールについて「情け容赦なく決めた」と冷静さを称えると、「久保にとってはヤング・ボーイズに来てから最もビッグなゲームになった。そして、この試合こそ彼が欲していたものだ。まだまだ若いことから、良い動きを見せながらも結果的にはつまずいてしまうことが多かったのだから」と続け、シャフタール戦が久保にとって大きな転機になると期待を寄せた。

 同紙によると、アドルフ・ヒュッター監督も「ベルンに来てから最高の瞬間だ」と、劇的な勝利に大感激の様子。そして“普段はチームプレーを重視する”同監督も、マッチウィナーに触れないわけにはいかなかったようで「今日、久保がやってのけたことには感動したよ。この勝利の大部分は彼がもたらしたものだ」と、褒め言葉が飛び出していた。

 久保は、同紙の試合後採点でも最高評価となる「6」点を与えられた(スイス紙の採点は最高6点、最低1点)。寸評では「ヤング・ボーイズにとって、彼がリオ五輪に行かなかったのは、幸運だ。延長戦につながる2ゴールを決めた」とつづられ、災い転じて福となりそうな結果を歓迎した。

SOCCER KING

最終更新:8月4日(木)18時30分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。