ここから本文です

久保裕也が圧巻の2得点でけん引…CLプレーオフ進出でチームが得る賞金額は?

SOCCER KING 8月4日(木)18時38分配信

 3日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)予選3回戦で、日本人戦士がやってくれた。

 チームの意向からリオデジャネイロ・オリンピックへの出場が白紙になったヤング・ボイーズのFW久保裕也が、強豪シャフタール(ウクライナ)から2ゴールを挙げたのだ。

 久保はこの日、54分と60分に立て続けにゴール。ファーストレグを0-2と落としていたが、2試合合計スコア2-2に追いつき、試合は延長戦を経てPK戦に。結果、4-2でヤング・ボーイズが勝利を収め、プレーオフに進出した。

 久保はもともとリオ五輪への参加が決まっていたが、ヤング・ボーイズに負傷者が相次いだことから急きょ日本代表への派遣が取りやめに。その判断をめぐっては日本でも厳しい意見が飛んでいたが、久保を戦力として考えていたヤング・ボーイズの判断はとりあえず間違っていなかったということになる。

 相手に2点リードされた状況で2ゴールを挙げた久保は、チームをプレーオフにけん引したと言っていい。CLでは各ラウンドに進出するごとにUEFA(欧州サッカー連盟)から分配される賞金が増えるわけだが、プレーオフ進出で一体ヤング・ボーイズはどれだけの金額を手にしたのだろうか。2015-16シーズンのデータをもとに算出してみよう。

 CLでは、予選3回戦を突破したチームに40万ユーロ(約4520万円)が与えられる。プレーオフは予選の中で最後のラウンドだ。勝利したチームがCL本戦に進み、敗れたチームはヨーロッパリーグの本戦に進む。

 そのプレーオフラウンドでは敗れたチームに30万ユーロ(約3390万円)が、勝利したチームには20万ユーロ(約2260万円)がそれぞれ支払われる。勝利した場合の額が少ないのは、グループステージ進出のボーナス1200万ユーロ(約13億5600万円)が他に発生するからだ。

 以上の金額を計算すると、プレーオフ進出によってヤング・ボーイズは最低でも70万ユーロ(約7910万円)を手にすることになる。これはプレーオフに進出し、そこで敗れた場合の金額だ。

 もしもヤング・ボーイズがプレーオフで勝利しCL本戦行きを決めれば、1260万ユーロ(約14億2300万円)を獲得する。グループステージでは負けない限りボーナスが発生するため、獲得賞金はさらに増える可能性がある。

 久保のリオ五輪欠場は日本にとって大きなダメージだが、少なくともチームにはしっかりと貢献していると言える。なお、昨シーズンのスイス・スーパーリーグ2位でCLへの出場権を手にしたヤング・ボーイズはリーグルートに回るため、次のプレーオフではマンチェスター・C、ポルト、ビジャレアル、アヤックス、ボルシアMGのいずれかと対戦することになる。

(記事提供:Qoly)

SOCCER KING

最終更新:8月4日(木)18時38分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報