ここから本文です

レスター岡崎が得点演出! 新戦力ムサが2発も…スアレス1G1AのバルサがIC杯連勝

ゲキサカ 8月4日(木)5時5分配信

[8.3 IC杯 バルセロナ4-2レスター・シティ]

 インターナショナル・チャンピオンズ杯は3日、北米・欧州ラウンドでFW岡崎慎司が所属するレスター・シティとバルセロナが対戦し、4-2でバルセロナが勝利した。ベンチスタートの岡崎は後半開始から出場。FWアーメド・ムサの得点を演出し、後半35分には惜しいヘディングシュートを放つなど奮闘した。

 7日にマンチェスター・ユナイテッドとのFAコミュニティーシールドを控えるレスターは、FWジェイミー・バーディがプレシーズンマッチで初先発。アーセナルへの移籍が噂されているMFリヤド・マフレズと2トップを組んだ。キーパーには今夏ハノーファーから加入のGKロン・ロバート・ツィーラーが入っている。

 リーガ・エスパニョーラ王者のバルセロナはFWリオネル・メッシとFWルイス・スアレス、FWムニル・エル・ハダディが3トップを組み、放出が噂されているMFアルダ・トゥラン、ビジャレアルから復帰のMFデニス・スアレスが先発に名を連ねた。

 レスターがバルセロナ相手に最終ラインを高い位置に保ち、メッシやL・スアレスに裏を取らせなかったが、前半26分に均衡は破れた。右サイドから中央にボールを運んだメッシが絶妙なスルーパス。DFダニー・シンプソンの裏を突いたパスに反応したムニルが左足でゴール右隅に流し込み、バルセロナが先制に成功した。

 これで完全に主導権を握ったバルセロナは前半33分、スアレスがトゥランとのワンツーで抜け出し、PA中央やや左から右足アウトサイドでシュートを放ったが、飛び出したGKツィーラーに防がれる。だが、直後の34分に追加点。メッシのふわっとしたパスをPA右の深い位置で受けたスアレスが、DFロベルト・フートとDFベン・チルウェルを泥臭くかわして、角度のないところから右足で決め、2-0とした。

 さらにバルセロナは前半終了間際の45分、左サイドからL・スアレスがクロスを上げ、ムニルが右足トラップから左足アウトサイドでGKツィーラーの左を抜き、3-0。ムニルは五輪でFWネイマール不在の中、この日2点目でアピールした。3点リードで迎えた後半はMFセルヒオ・ブスケツ、DFハビエル・マスチェラーノを投入した。

 対するレスターは岡崎やムサ、DFクリスティアン・フクスら6選手を後半頭からピッチに送り込む。すると開始早々の2分、縦パスをダイレクトで岡崎がはたくと、ハーフェーライン付近からムサが中央突破。持ち味のスピードで一気にバルセロナの背後に抜け出し、左足でゴール左隅に流し込み、1-3と2点差に縮めた。

 さらにレスターは後半21分に、メッシとトゥランを下げたバルセロナから追加点を奪う。最終ラインにプレッシャーをかけると、MFジェフ・シュルップが右サイドでボールを奪い、中央にラストパス。PA内でフリーで受けたムサが豪快にゴール右上に突き刺し、プレミアリーグ王者が2-3と1点差とした。

 主導権を握られてしまったバルセロナは後半30分、D・スアレスの浮き球パスでPA内に抜け出したL・スアレスがボレーシュートもわずかに枠を外れる。直後にL・スアレスらが下がったが、同39分にマスチェラーノのサイドチェンジから中央に折り返しボールを最後はFWラファエル・ムジカが左足で流し込み、4-2。バルセロナがそのまま逃げ切り、IC杯2連勝とした。

最終更新:8月4日(木)5時6分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報