ここから本文です

MVPはFC東京U-18の半谷!FW久保建英らが得点王、MIPは清水ユースDF立田

ゲキサカ 8月4日(木)20時17分配信

[8.4 クラブユース選手権(U-18)決勝 FC東京U-18 2-0 清水ユース 味フィ西]

 第40回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会の決勝が4日に味の素フィールド西が丘で行われた。FC東京U-18は清水エスパルスユースに2-0で勝利し、2008年大会以来となる8年ぶり3度目の優勝を果たした。前半に2点を奪っての完封勝利。グループリーグを含めて、ここまで7戦2失点と攻守噛み合う戦いぶりで日本一となった。

 試合後には個人賞も発表された。得点王には5得点を挙げた3選手が輝いた。優勝したFC東京U-18のFW久保建英が中学3年生ながら受賞したほか、準優勝の清水ユースMF滝裕太、大宮アルディージャユースFW小柏剛が受賞している。

 大会MIPには準Vの清水ユースをキャプテンとして率いたDF立田悠悟が輝き、大会MVPには決勝でも2-0とする得点を挙げたFW半谷陽介が受賞した。

▽得点王:5得点
FW久保建英(FC東京U-18)
MF滝裕太(清水ユース)
FW小柏剛(大宮ユース)

▽MIP
DF立田悠悟(清水ユース)

▽MVP
FW半谷陽介(FC東京U-18)

最終更新:8月4日(木)22時17分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]