ここから本文です

第一印象から決めてました…ファン・ハール前監督がルーニーを主将に選んだ理由を語る

ゲキサカ 8月4日(木)21時41分配信

 マンチェスター・ユナイテッド前監督のルイス・ファン・ハール氏がFWウェイン・ルーニーをキャプテンに選んだ理由を明かした。英『メトロ』が報じている。

 ルーニーは3日、ユナイテッドでの12年の功績を称えられ、古巣エバートンとの記念試合に臨んだ。これに合わせたコメントとして、ファン・ハール氏が同紙でルーニーに称賛の言葉を送っている。

「彼の人格を見て、すぐに確信したよ。一緒に働きやすい人物だとね。すぐに彼をキャプテンにすることに決めた」

 ルーニーの第一印象をそう語るファン・ハール氏は「他の選手も彼のことを信頼していたんだ。チームメイトたちは常に敬意を持ってルーニーに接していた。キャプテンに任命にするにあたって、それも重要だった」と、ルーニーの人格に加えてチーム内における影響力も、キャプテン任命の大きな理由だったと話した。

「選手たちからロッカールームでとても重要な人物だと見なされていることは、本当に大切なことだ。彼がユナイテッドの中核であることは疑いようがないよ」。昨季までともに仕事をしたユナイテッドの10番に対し、ファン・ハール氏は惜しみない賛辞を送った。

最終更新:8月4日(木)21時43分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。