ここから本文です

タイム・ワーナー:フールーに10%出資-第2四半期利益、予想上回る

Bloomberg 8月4日(木)1時2分配信

米メディア企業タイム・ワーナーはオンライン動画配信サービスのフールー(Hulu)に10%出資した。3日発表した4-6月(第2四半期)決算では、既存のケーブルテレビ(CATV)事業モデルが依然として有効であることを示したものの、将来のテレビ事業を見据えた動きに出た。

事情に詳しい関係者によれば、タイム・ワーナーは5億8300万ドル(約590億円)でフールーの株式を10%取得した。これはフールーの既存株主である21世紀フォックスやウォルト・ディズニー、コムキャストのNBCユニバーサルを下回る出資比率だ。情報が非公開であることを理由に匿名で語った同関係者によれば、タイム・ワーナーは規制上の懸念などからこれを上回る規模では出資しないことを決めた。

ジェフ・ビュークス最高経営責任者(CEO) は電話会議で、フールー経営に積極的に関わらないと述べた上で、株式10%保有と取締役会に議席を持たないことが「企業統治をめぐる複雑さを軽減する」と説明。フールーは出資を得ることで「消費者により多くの番組と選択肢を提供するためのリソースを獲得し、これが競争促進とイノベーション創出につながる」と語った。

同社発表によると、4-6月期の一部項目を除いた1株利益は1.29ドルと、ブルームバーグがまとめたアナリスト調査の予想平均である1.16ドルを上回った。純利益は9億5200万ドル(1株当たり1.20ドル)と、前年同期の9億7100万ドル(同1.16ドル)から減少。売上高は5%減の69億5000万ドル。アナリスト予想平均の70億6000万ドルに届かなかった。

放送部門ターナーの売上高は6%増の30億ドル。HBO部門の売り上げは2%増え15億ドル。

原題:Time Warner Buys 10% Stake in Hulu as Cable TV Drives Profit (1)(抜粋)

Gerry Smith

最終更新:8月4日(木)1時2分

Bloomberg