ここから本文です

NY原油(3日):大幅反発、ガソリン在庫が急減-原油生産も減少

Bloomberg 8月4日(木)4時54分配信

3日のニューヨーク原油先物市場ではウェス ト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物が反発。3週間ぶりの大幅上昇となった。米エネルギー情報局(EIA)の週間統計によれば、先週はガソリン在庫が4月以降で最大の減少となった。原油の生産も減少したが、輸入は増加した。

トータス・キャピタル・アドバイザーズ(カンザス州リーウッド)で石油関連資産141億ドルの運用に携わるマット・サリー氏は、「ガソリン在庫の減少幅は想定外だ」と指摘。「過去5年の夏のデータをざっと見てみたが、この時期としては5本の指に入る大幅減少だ」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物9月限は前日比1.32ドル(3.34%)高い1バレル=40.83ドルで終了。値上がり幅は7月12日以来の最大。ロンドンICEのブレント10月限は1.30ドル(3.1%)上昇の43.10ドル。

原題:Oil Rises as U.S. Gasoline Supply Decrease Outweighs Crude Gain(抜粋)

Mark Shenk

最終更新:8月4日(木)4時54分

Bloomberg