ここから本文です

香港株:反発、薄商いの中でHSBC高い-原油高でCNOOCに買い

Bloomberg 8月4日(木)15時0分配信

4日の香港株式市場でハンセン指数は反発。売買が平均を下回る中で、HSBCホールディングスが引き続き上昇したほか、原油高も好感された。同指数は前日、5週間ぶりの大幅な下落となっていた。

ハンセン指数は前日比0.4%高の21832.23で終了。前日は6月24日以来の大幅安だった。自社株買いを発表したHSBC(5 HK)は2営業日ベースで6週間ぶりの大幅な上げ。中国海洋石油(CNOOC、883 HK)は同指数構成銘柄で最大の値上がり。米原油相場が1バレル=41ドル近辺で推移していることや、ハスキー・エナジーとのガス価格をめぐる対立に終止符を打ったことが好感された。

招銀国際証券の蘇沛豊ストラテジストは「前日の下げから反発したにすぎない」と指摘。「ここ1カ月の上昇基調は各国・地域の中央銀行が緩和するとの楽観的な見方に基づいていたため、ファンダメンタルズの支えがなかった。どの主要中銀もこれまで大幅な緩和に踏み切っていない」と述べた。

中国本土市場で上海総合指数は前日比0.1%高の2982.43で引けた。ここ3営業日では計1%上昇している。

原題:Hong Kong Stocks Paced by HSBC Advance Amid Light Turnover(抜粋)*HONG KONG’S HANG SENG INDEX RISES 0.43% TO 21,832.23 AT CLOSE

Kana Nishizawa

最終更新:8月4日(木)17時58分

Bloomberg