ここから本文です

【Krush】狂犬小澤、武尊も大岩も「ぶっ飛ばす」

イーファイト 8月5日(金)11時35分配信

 8月20日(土)愛知・名古屋国際会議場イベントホールで開催される『Krush.68 ~in NAGOYA~』にて、Krush -58kg王座の初防衛戦に臨む小澤海斗(K-1ジムEBISU小比類巻道場)のコメントが、主催者を通じて届いた。

【フォト】挑戦者の大岩もふてぶてしい態度

 小澤と言えば、6月の『K-1 WORLD GP』でK-1 -55kg王者・武尊(K-1ジム・チームドラゴン)との対戦が組まれると、武尊をたびたび挑発して乱闘騒ぎを起こし、両者の試合は“新生K-1史上最大の遺恨マッチ”に発展。大きな話題となった。

 試合はフルラウンドの打ち合いとなり、期待に違わぬ激戦となったが、小澤は「格闘技は結果が全てで、試合が面白いとか盛り上がったとか言われても意味がないから。とにかく悔しくてたまらない」と言い、試合に負けた悔しさが「毎日24時間ずっと」残っているという。

「もう一回あいつ(武尊)とやってぶっ飛ばさないと気が済まないから」と武尊への憎悪は増すばかり。試合が終わった後も握手することはなく「そんな気持ちは最初から全くなかった」のだという。そして、「終わったことはどうでもいいでしょ? 次やったら絶対ぶっ飛ばすから」とリベンジを熱望。

 今大会では武尊と同門であり、盟友でもある大岩龍矢(K-1ジム・チームドラゴン)の挑戦を受ける。

「ああ……武尊と同門なんだ、くらい。俺は武尊に対してイラついているだけだから、他の選手のことは一切興味ない。もしそれで俺に向かってくるなら、そいつを叩き潰す」と言い放ち、大岩から度々“チャンピオンにふさわしくない”と言われていることについては、「お前はうるせえよ、黙っとけって感じです。ちょっとムカついたんで試合でぶっ飛ばして黙らせます」と、吐き捨てた。

 さらには、名古屋が大岩の地元であることで「会場全体を黙らせたいですね。客席が引くくらいのKO勝ちを見せて、相手の応援団が全員口を開けたまま一言も発さなくなるくらい。そのくらい派手にぶっ倒します」と、完全粉砕すると宣言した。

写真/(C)Good Loser

最終更新:8月5日(金)11時35分

イーファイト