ここから本文です

中国の16年上半期、興行収入トップは「美人魚」の534億円!

映画.com 8月5日(金)7時0分配信

 [映画.com ニュース] 今年上半期の中国映画興行の作品別興行収入トップ10がまとまった。

 トップは中国映画の「美人魚」で、興収534億4000万円(日本円換算)。チャウ・シンチー監督が手がけたコメディーだ。2位はウォルト・ディズニーの「ズートピア」(244億8000万円)、3位は米映画「ウォークラフト」(233億6000万円)だった。日本円の興収は、中国の1元が16円で計算している。

 10本のうち中国映画が3本、外国の米映画が7本だった。米映画のヒットに比べ、自国の映画のヒットが減っている。また、上半期(1~6月)の中国映画の国内興収は約3932億円で、昨年上半期の121%。シェアとしては中国映画が53.1%なのに対して、外国映画が46.9%だった。15年の上半期は、前年の上半期と比べて約50%の伸びを見せていた。(文化通信)

最終更新:8月5日(金)7時0分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。