ここから本文です

JUJU、いきもの、VAMPS、SECOND出演『スッキリ!!』ライブ/ライブレポート・セトリ

エキサイトミュージック 8月5日(金)7時15分配信

 
■【スッキリ!! 10th Anniversary SUPER LIVEッス!!】ライブレポート
2016.07.28(THU)at 国立代々木競技場 第一体育館
(※画像16点)
撮影/山内洋枝

【この記事の関連画像をもっと見る】

まさにスッキリ!! 誰が見ても楽しめる全4組によるステージ

日本テレビ系の朝の情報番組『スッキリ!!』が、今年で放送10周年を迎えた。それを記念して7月28日、【日テレ×LIVE in SUMMER YOYOGI】“スッキリ!! 10th Aniversary SUPER LIVEッス!!”を開催した。出演は、いきものがかり、JUJU、EXILE THE SECOND、VAMPSの4組と、オープニングアクトはケロポンズ。司会進行は、日本テレビアナウンサーの森圭介、岩本乃蒼が務めた。


約1万1千人の観客が集まるなか、開演の数分前、番組でおなじみ“天の声”(南海キャンディーズ・山里亮太)のアナウンスが流れる。どうやら録音した音声ではないので、ご本人登場はないかとそわそわするものの、テレビ同様アナウンス出演のみ。さすが『スッキリ!!』のライブである。



トップバッターにはJUJUが登場。1曲目に選んだのは、彼女の代表曲の一つである「やさしさで溢れるように」だ。バラードソングをしっとり歌い上げる姿は、オープニングながらにして、もはやエンディングと錯覚させるほど。歌い終わったあとのMCでは、息を吐く様子が伝わり、トップバッターとして力を込めていたのがわかる。

「私自身、朝っぽい風貌ではない」と自虐するが、そんな彼女は『スッキリ!!』の音楽ライブコーナーに、過去5回と最多出演している。2曲目以降のセットリストは、テレビで歌った順だと説明し、ジャズ調の「Take Five」や、大人がはしゃげるダンスナンバー「PLAYBACK」など全6曲を熱唱した。バラードからアップテンポな曲まで幅が広く、それでいてクール。大人の魅力が詰まったカッコいいステージにしびれてしまった。



続いて登場したのは、メジャーデビュー10周年のいきものがかり。彼女らがデビューした当時、16歳だった筆者は街を歩けばいろんな人に「いきものがかりのボーカルに似ている」と言われた。それは20歳頃まで続き、おそらく100人以上には言われたであろう。だから、つい贔屓にしているグループである(しかし今では全く言われなくなったどころから、もはや面影もないとさえ言われる。あの4年間は何だったのだろう……)。

1曲目に選んだのは、バラードソングの「あなた」。このまま穏やかなステージになるのかと思いきや、次の「気まぐれロマンティック」では、吉岡聖恵(Vo.)がステージを左右いっぱい元気に走り回る。足を上げたり、くるくる回ったり、おてんば娘のよう。



MCで、水野良樹(G.)が「初めての方が多いんですよね? だって目線が吉岡中心に動いているんだもん」と話す。実際に、挙手をお願いしたところ大半は初見の方たちだった。しかし続けて「ホームに来ていると思ってますんで!」と煽る。

その後、ライブ初公開の新曲「Sweet Sweet Music」や代表曲の一つ「じょいふる」などアップテンポな曲を演奏する。吉岡の動きも加速し、ステージに座ったり、寝転がったり。テレビなどで聞きなれた曲にオーディエンスも盛り上がりをみせ、会場に一体感が生まれた。水野は「じょいふるをやった瞬間に、これは仲良くなれると思いました!」と話し、ステージ終了間際には、代々木をホームと化した。


スッキリ!!ライブは早くも折り返しとなり、3組目はVAMPSが登場する。大型スクリーンにVAMPSのアーティスト写真が映った瞬間、今まで聞いたことのないほどの歓声がわき起きる。





1曲目は、8月末発売の約2年ぶりのニュー・シングル「INSIDE OF ME」。先ほどまでの雰囲気とはガラリと変わり、一気にロックなモードになる。「DEVIL SIDE」演奏時に、ふとアリーナ席の観客に目をやると、リズムに合わせて、頭を激しく上下に振っていて、こちらもステージ同様に迫力があった。

MCでは、HYDE(Vo.)が「僕たちを知らない人も嘘でもいいんで、VAMPS好きって言ってくれたらうれしいです」とフリを見せる。そして「VAMPSがー?」と叫ぶと、「スキーー!」と観客が声を合わせる。その後も「あー、腹減ったー! 血が足らねえ! 一番元気なやつ食べちゃおうかなー! どこにいるかなー!」と言う。すると観客たちは歓声とともに、ジャンプしてめいいっぱい元気な姿をアピールする。このSな煽りにはたまらず、つい筆者もニヤけてしまった。朝の情報番組のライブにしてはロックだし、エロティック過ぎないかと一瞬思ったが、超おもしろい。「ANGEL TRIP」「SEX BLOOD ROCK N' ROOL」など全8曲を歌い上げた。



VAMPSの興奮が冷め止むまま、トリを飾るのはEXILE THE SCOND。DJセッションの後にメンバーがステージに登場し、今日イチを争うほどの大歓声が沸き起こった。今年7月から本格始動となり、大きいステージに立つのは久しぶりだそうだ。そして7月に発売したばかりの新曲「YEAH!! YEAH!! YEAH!!」が始まる。音楽ライブだけれども、歌って踊るステージは、ミュージカルや演劇を見ているような、音楽という枠を超えたエンターテインメントを堪能させてくれる。やはりカッコいい男性が踊っているのは、見ていて気持ちがいい。その後も、「ASOBO!」や「SURVIVORS」「CLAP YOUR HANDS」など、MCらしきMCはないまま全8曲を熱唱し、ステージを去った。それはもう「え、もう終わり!?」と驚くほどの速さだった。


もちろん観客はアンコールを求め、メンバーが再びステージに現れる。MCでは、NESMITHが「みなさんが見たことのないエンターテインメントを届けていきたい」と頼もしく宣言する。そして本邦初公開だという8月発売の新曲「Shut up!! Shut up!! Shut up!!」を歌うことに。途中から、スペシャルゲストとしてEXILEのAKIRAが登場し、会場の盛り上がりは絶頂に達する。アンコールは3曲と充実していて、満足する締めくくりとなった。

さすが朝の情報番組『スッキリ!!』のライブだけあって、全出演アーティストのステージは誰が見ても楽しめる。アーティストのジャンルはそれぞれ異なるため、まさに一夜限りのスペシャルライブだっただろう。見終わったあとは爽快感があり、まさにスッキリした。

このライブの模様は、8月5日(金)8時~『スッキリ!!』、8月31日(水)21時~CS・日テレプラスにて放送される。
(取材・文/名久井梨香)

≪セットリスト≫
●OPENING ACT:ケロポンズ
1. エビカニクス
●JUJU
1. やさしさで溢れるように
2. ありがとう
3. Take Five
4. Hot Stuff
5. PLAYBACK
6. What You Want
●いきものがかり
1. あなた
2. 気まぐれロマンティック
3. Sweet Sweet Music
4. ブルーバード
5. じょいふる
6. 帰りたくなったよ
●VAMPS
1. INSIDE OF ME
2. DEVIL SIDE
3. ZERO
4. MEMORIES
5. HUNTING2(“2”はローマ数字の2)
6. AHEAD
7. ANGEL TRIP
8. SEX BLOOD ROCK N'ROLL
●EXILE THE SECOND
1. YEAH!!YEAH!!YEAH!!
2. One Time One Life
3. ASOBO!
4. Without You
5. Missing You
6. Make It Last Forever
7. SURVIVORS
8. CLAP YOUR HANDS
<アンコール>
1. THINK 'BOUT IT!
2. Shut up!!Shut up!!Shut up!!
3. GOING CRAZY

最終更新:8月6日(土)6時45分

エキサイトミュージック

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。