ここから本文です

来季シードへ崖っぷちの岩田寛 痛恨ダボで94位発進

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 8月5日(金)8時19分配信

米国男子ツアー「トラベラーズ選手権」は4日、コネチカット州のTPCリバーハイランズで開幕。レギュラーシーズンも残り3試合と大詰めを迎えている中、来季シード圏外のフェデックスランク140位にいる岩田寛は3バーディ、2ボギー1ダブルボギーの「71」(パー70)でプレー。1オーバーの94位タイと出遅れた。

米国男子ツアーフォトギャラリー

今週開幕前には、シードを落とせば参戦から1年での米国撤退を示唆していた岩田。今週も苦しい滑り出しになった。前半は、3パットとした最初の1番、1打目をグリーン左に外した8番(パー3)で2つのボギー。いずれも直後のホールでバーディを獲り返すバウンスバックを連続で決め、イーブンパーで後半へと折り返す。

痛かったのは10番。1打目をフェアウェイに運びながら、2打目をグリーン左のガードバンカーへ。3打目は2m弱に寄せたが、ここから3パットのダブルボギーとし、粘りのプレーで中盤にとどめていた順位を大きく下げた。

今季の支えにもなっているパットはこの日、その貢献度を示すストローク・ゲインド・パッティング(-2.548)が全体146位と低迷。ショットのスタッツも芳しくなく、やはり岩田の表情も曇りがちだ。きっと少なくない反省点を「悪かったです」の一言に詰めこみ、言葉少なにコースを去った。

最終更新:8月5日(金)8時19分

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)