ここから本文です

スマホ訪問者が多いECサイトは「楽天市場」、「Yahoo!ショッピング」はPC利用で猛追

ネットショップ担当者フォーラム 8月5日(金)6時31分配信

ネット行動分析サービスを提供するヴァリューズが発表した「2016年上半期サイト訪問者数ランキング」によると、スマホ利用者のサイト訪問者数が多いサイトは、「楽天市場」(1位)「Yahoo!知恵袋」(2位)「Amazon」(3位)だった。

ショッピング関連のサイトでTOP20に入っているのは、「楽天市場」「Amazon」のほか、「Yahoo! ショッピング」が18位にランクイン。

ショッピング以外では、4位に「ウィキペディア(Wikipedia)」、5位「NAVER まとめ」のほか、「Facebook」「Twitter」「LINE」などのSNS、「アメーバブログ」「FC2 ブログ」「livedoor ブログ」などのブログサイトが上位に入っている。

PC利用者を見てみると、TOP3位は「Yahoo!JAPAN」(1位)「Amazon」(2位)「楽天市場」(3位)という顔ぶれ。

スマホでは1位だった「楽天市場」はPCでは3位、一方、スマホで3位だった「Amazon」はPCで2位。

ショッピング関連サイトでは「Yahoo! ショッピング」が9位にランクイン。20位には「Yahoo! オークション」が入っている。

「Yahoo! ショッピング」は前年比3.5%増加し、昨年からランクを上げている。

調査・分析概要は、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用。2016年上半期における流入上位サイト(1000サイト)についてサイト訪問者数を集計した。

最終更新:8月5日(金)6時31分

ネットショップ担当者フォーラム