ここから本文です

電通デジタルマーケティング鬼4則――Web広告の担当者に任せっきりではマーケのデジタル化は不可能

Web担当者Forum 8/5(金) 7:06配信

社内でこんなセリフを聞いた、または自分が話した経験はないだろうか。

“>>>
データを使ったマーケティング施策ですか?

うちのWeb広告担当は、私ではなく○○です。

デジタル関係の話なら、彼としてください。

<<<”

マーケティングにかかわっていても、Web広告の担当ではないと、代理店や制作会社の人に言ってしまいがちなこのセリフ。

役割分担ができている証といえる反面、実はこのように社内体制が整っているように見える企業ほど、デジタルマーケティングがうまく進んでいないことが少なくない。

その原因を探ると、マーケティングのデジタルシフトにおける「前提」「評価方法」「目的」「手段」で、誤解や理解不足といった問題を抱えていることが見えてくる。

Web広告の担当者がいるからといって、デジタルマーケティングもすべて任せ切りにするのは正解とはいえない。そもそもWeb広告とデジタルマーケティングはイコールではないし、さらにいえばデジタルマーケティングとは企業活動全般にかかわるものだからだ。

本稿では、企業がデジタルマーケティングを進めるうえで抑えておくべきポイントについて、電通デジタルの波田野雄平氏が解説する。

本連載「電通デジタルマーケティング 鳥の目・虫の目」では、株式会社電通デジタルで活躍しているプランナーたちが、現場で実践しているデジタルマーケティングの取り組みを具体的に紹介していく。

以下は、取りあげてきたテーマと今回のテーマのポジショニングマップだ。

[ポイント1] 《前提》 Web広告 ≠ デジタルマーケティングであることを理解すること

最初にして最大のポイントといえるのが、「Web広告≠デジタルマーケティング」であることをしっかり理解することです。

図1は、マーケティングミックス(4P)※に、Web広告(左)とデジタルマーケティング(右)を落とし込んだものです。それぞれが指し示す領域を比べると、Web広告とデジタルマーケティングの違いは明確です。

※マーケティングミックス(4Pモデル): マーケティング戦略において、ターゲットに働きかける施策を「製品」(Product)、「価格」(Price)、「流通」(Place)、「プロモーション」(Promotion)の4つ(4P)に分類して考える手法

1/4ページ

最終更新:8/5(金) 7:06

Web担当者Forum

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「水中に潜む本当の危機」
インドガリアルとキングコブラはインドの象徴ともいえる爬虫類ですが、水質汚汚濁のために存亡が危ぶまれています。環境保護者のロミュラスウィトカーがこの素晴らしい動物たちの貴重な映像をお見せして、彼らのそして私達の生活を支えている川の保全を訴えます。