ここから本文です

Apink カップリング「Sunshine Girl」は失恋してしまった友達を励ます曲/インタビュー

エキサイトミュージック 8月5日(金)7時15分配信

 
■Apink/New Single『サマータイム!』インタビュー(3)

Apinkがニューシングル『サマータイム!』を8月3日にリリースした。カップリングの「Sunshine Girl」は、表題曲同様に夏の歌だが、内容は全然違っていて、夏のはかなさや、切なさを感じる曲となっている。

「最初に曲を聴いたときは、出だしを聴いて『楽しい曲!』って思ったんですね。でも、サビになると悲しさがあるメロディになっていて、歌詞も読んでみたら悲しいじゃないですか。だから、びっくりしました(笑)。でも、そこが魅力ですよね。レコーディングのときも悲しい気持ちを想像しながら歌いました」(ナムジュ)

「(歌詞の内容は)失恋をしてしまった友達を『頑張って!』と励ます内容になってます。失恋に限らず、そばにいる友達が疲れて見えたり、辛そうだったりすることってありますよね。そんなときはこの歌詞のように、私もその人たちを励ましたいと思うので、すごく共感できました。ある程度時間が過ぎると、今日という時間もいずれは過去となって流れて行くので、あんまりがっかりせずに、力を出してね、と」(ハヨン)

Apinkは今作の発売に際して8月7日まで、日本各地でリリースイベントを行っている。
(取材・文/瀧本幸恵)
※このインタビューの全文は後日掲載予定。

最終更新:8月6日(土)6時45分

エキサイトミュージック

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。