ここから本文です

「消化できないものお口に」 鶴保沖縄相、予算の減額示唆

琉球新報 8月5日(金)5時1分配信

 鶴保庸介沖縄担当相は4日の就任記者会見で、米軍普天間飛行場移設の作業遅れに関連して「予算額を減らすのは当然。消化できないものを無理やりお口開けて食べてくださいよでは、全国民の血税で使われているお金を無駄遣いしているという批判に耐えられない」と述べた。

 その上で「基地問題によって、振興策の中身を含め変わっていくのは十分当たり前のことだ。そういう意味では、振興策と基地問題は確実にリンクしている」と述べ、基地問題が沖縄振興策に影響するとの考えを強調した。

 鶴保担当相は、政府が3千億円台の確保を約束している沖縄関係予算の規模について「振興額と振興策は違う次元の話だ」とも指摘。会見に先立つ4日午前に菅義偉官房長官が「リンク論」を認める考えを示したことを引き合いに「私も全く同感だ」と同調した。

 佐藤栄作元首相の密使として沖縄返還交渉に携わった故・若泉敬氏に師事していたことに触れ「国会議員になる時に大いなる影響を与えた方だ。その思い、志を引き継ぎたい。沖縄の振興策を第一義的に考えていく」と意欲を語った。

 一方、稲田朋美防衛相も4日、報道各社の共同インタビューで、菅義偉官房長官が基地と振興のリンクを明言したことに対して「長官が述べられた通り」と同調した。

琉球新報社

最終更新:8月5日(金)10時5分

琉球新報